秋葉原の風俗の中でもデリヘルが比較的利用しやすい業種となっているようです

利用者規約や就業規約があります。性風俗店の場合に「利用者規約」の説明が入店時にあるとは限りませんが、口頭で説明を受けたり、店の中に張っていたりするかもしれませんね。そこで働く風俗嬢の場合には、「就業規約」に署名捺印をしているかもしれません。

それに反する行為があった場合、応じるべきペナルティーは発生しているかもしれません。しかしそのペナルティーの内容が「公序良俗」に反してないのかということは重要です。例えば「勝手に店外デートをした場合には、その風俗嬢は解雇の上、賠償金(もしくは罰金)100万円」「連れ出した客も100万円」といったその「100万円」が妥当なのかということです。

その女性がわざわざ仕事を急遽休んでデートをしたら、その分損害が発生しているかもしれません。「店外デートはいくら」というメニューがあるのに店にないしょでデートすれば、その分は損害かもしれません。しかしどう考えても「100万」ではないですよね。

損害が発生したというのであれば、店側は根拠ある順当な金額を提示すべきです。もし肉体関係があったとしても、そもそもその店舗は「本番行為」を行うサービスを前提とはしていないはずです。そこに関与することがそもそもおかしいので、その件については店が介入することはできません。

そういった面から見て、その「100万円」は公序良俗に反した金額であるように見受けられます。そのような場合には、その規約や雇用契約書自体が無効ではないか?と考えることが可能です。全く払う必要がないかもしれません。それを無抵抗に払うのはおかしいですよね。

ただし風俗嬢は「支払わなければ、親や友人に仕事のことをばらされるのではないか」と心配になるでしょうし、そのデートをしたお客さんも同様でしょう。円滑に、かつ順当な方法で事を解決させるためには、弁護士のような専門家に相談することがおすすめです。

このようなトラブルというのは、少なくありません。風俗嬢といえど人間で、若い女性です。お客さんの中に「私的に付き合ってもいいな」「デートしてもいいな」という相手が現れてもおかしくありません。そのことを見越して、いざという時に従業員を食い物にしようとしている経営者も少なくりません。

弁護士に相談するのは恥ずかしいかもしれませんが、弁護士には守秘義務がありますし、そういったトラブルに巻きこまれるのは「あなただけではない」のです。案外多いものですよ。ただし「店を通さないほうが安く遊べるし、女の子も取り分が大きくなるからいいだろう」という考えで店外デートに及ぶのは、リスクが大きすぎます。